犬の助け

f0124177_22302526.jpg



新しいわんこを迎えました。


・・・義妹のおうちのわんこですが。


プードルと??のミックスらしいですのでちょっと大きめで
のったりしてて可愛いです。

元気にちょこちょこしているのを見てて・・「若いなあ・・」
って思いました。

うちのわんこずはもうすぐ11歳。

可愛いけど、やっぱりこんな若いわんこと比べるとずいぶん
老けた気がします。

散歩に行くとすぐに疲れてしまい、ヘタってしまうので最近
散歩にも行けません。

もうちょっとして暖かくなったらちょこっと散歩に連れて行って
あげようかなあ。



今日TVで鬱についてやっていて、
『女性は出産で鬱になる事もある・・』
って言っていたのをほいが見て

「そんな事ってあるの?すももは全然何も変わらなかったぢゃん。」

って言うので・・・

「いや、出産後は今考えると、ワタシの精神構造はちょっと
 危なかったかも・・・」

ってボソッと告白したのです。

こももが全然寝ない子だったので、ワタシはずーっと睡眠不足
(妊娠時は悪阻が酷く全然寝れなかったので、2年間くらい
寝不足状態だったのかも・・・)。

子育てを助けてくれる人は周りには全然いなくて(実家が遠く、
友人もいなくて)
赤ちゃんが可愛い!とは全く思えず、ただただ毎日子育てに追われ、
慣れない育児にオロオロするばかり・・・。

突然火がついたように泣き出す赤ちゃんを前にワタシまで泣いて
しまった事も何度もあったのです。


頭も心もいっぱいいっぱいになり、パンク寸前になったとき、
助けてくれたのはわんこずでした。


ワタシが泣いていると「どうしたの?」って言いたげに顔を覗き
込んでくれて、くーんくーん鳴いて寄り添ってくれて。

ふわふわのわんこずを撫でていると、心が落ち着いたり癒されたり
したのです。


「わんこずに助けられて子育てを乗り切ったんだよ・・・」

ってほいに言いました。

「そうか・・・・そういう事を聞くと、わんこずがすごく愛おしく
 なってきたよ。」

ってほいには珍しく、わんこずをよしよし撫でていました。

彼はこももが生まれてからわんこずに対しての愛情はずいぶん冷めて
しまったような気がしていましたから、そんな風に思いを取り戻して
もらえたら嬉しいです。


うちのわんこず、あと何年一緒にいてもらえるか分からないけど、
出来るだけ元気に長生きして欲しいです。
[PR]
by sumoco | 2009-04-28 22:40 | つらつら